東京の豊島区にある歯科、池袋審美矯正ホワイトニングセンター。歯周病は成人の約8割がかかっているといわれ、歯肉に炎症ができ、状態が進行すると膿が出たり、口臭がヒドくなり、最悪は歯が抜け落ちる病気です。

歯周病

歯周病

歯周病とは

歯肉に炎症ができ、状態が進行すると膿が出たり、口臭がヒドくなり、最悪は歯が抜け落ちる病気を歯周病と呼びます。成人の約8割がかかっているといわれ、初期段階では虫歯でいう痛みがないため、自覚症状がない病気になります。

原因はプラーク(歯垢)

歯周病はバイオフィルムと呼ばれる細菌塊の感染症です。歯周病の原因細菌はプラークです。プラーク(歯の表面に集まる細菌からできたネバネバした薄い膜)は次第に堅くなって歯石となります。この歯石が感染を招き、歯の周囲に隙間(ポケットなどと呼びます)ができ、歯を支持している歯肉や歯槽骨などを破壊していきます。

歯周病の治療

一般的に歯周病治療は以下の順番で行われます。

  • 初診、緊急処置
  • 診査
  • 診断、治療計画の決定
  • 治療
    1. プラークコントロール
    2. バイオフィルムの除去
    3. プラークコントロールの確認
    4. リスクファクターの改善
    5. 再検査
    6. より良いお口の環境を得るための治療

歯周病治療はじっくり腰を据えて行う心構えが重要です

歯周病の場合、自覚症状がないため、来院された患者様の多くは何らかの症状がすでに現れています。よって治療期間も長くなりますので、じっくりと腰を据えて行うことが重要になります。

当院では、患者様に対して歯周病に関する説明、治療の必要性を行い、病状の正確な把握のため様々な診査を行います。この診査結果をもとに最適な治療計画を立てます。

定期的なメンテナンス

定期的なメンテナンスは歯周病の進行を食い止めます。メンテナンスはご家庭で行うことが中心となりますが、適切なブラッシング技術を身につけプラークを除去できれば、歯周病は確実に改善されます。

お問い合わせ・ご予約(いい歯になるさ) TEL 0120-11-8273 診療時間:平日11:00~21:00 日・祝日11:00~17:30

PAGETOP
Copyright © 池袋審美矯正ホワイトニングセンター All Rights Reserved.