豊島区池袋にある矯正歯科、ナチュラルスマイルデンタルクリニック。38万円と低料金で歯列矯正治療が可能です。池袋駅東口より徒歩1分

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科治療とは、単に見た目の美しさを整える白い歯を入れれば良いという事ではありません。きちんとした診療・治療の延長上に審美・美容というものがあり、患者さんの肉体的及び精神的健康の回復と維持を目的としています。

審美歯科にはいくつかの治療方法があり、おもにセラミックやハイブリッドのさし歯、歯のホワイトニング、インプラント、特殊義歯等によって審美回復を行います。

色々な審美治療の方法

インレー(詰め物)

症状: 銀色のつめものが嫌だ

セラミックインレー
写真のようにセラミックの詰め物に変更することにより、全くわからないようにできます。

クラウン(かぶせ物)

症状:銀歯を無くしたい 大きな虫歯をキレイに治療したい

セラミックの詰め物に変更することにより、天然歯と区別がつきません。

ラミネートベニヤ

症状: 歯に隙間がある・先天的な着色がある 黒ずんだ歯をきれいにしたい

着色してしまった歯の表面を一層だけ丁寧に削り落とし、女性の爪に付けるネイルチップのようなシェル(歯の形をした薄い被せ物)を新たに貼り付けます。シェルはセラミック製やプラスチック製があり、色が変わってしまった歯を白く見せてくれるだけでなく小さな歯を大きく見せて隙間を閉じる効果もあります。ラミネートベニヤは削る量が少ないので元々の歯を残すことができますが、歯の形や歯並びを治す治療としては限界があるともいえます。

素材の違い

素材の違い1素材の違い2

オールセラミック

金属を一切使用せずセラミック(陶器)だけで作られたものをオールセラミックと言います。金属アレルギーがある方でも安心して使用でき、元の細胞との相性が良いので体が異物として反応することはありません。歯肉の黒ずみがなく審美性に優れており、硬い上に金属ではないのでサビや腐食に強い性質を持ちますが衝撃に弱く割れやすいことが唯一のデメリットです。オールセラミックを使用した治療後に汚れや歯石が付いてしまった場合もクリーニングを行えば元の色に戻ることができます。メリットが多く需要もありますが、保険外治療のため自費診療での扱いとなります。

メリット 美しい、歯肉の黒ずみが無い、美しさが持続する、金属アレルギーの心配が無い
デメリット 衝撃にもろい(欠け易い)

メタルボンドセラミック

歯の裏側は金属フレーム、表側はセラミックと組み合わせて作られているさし歯をメタルボンドセラミックといいます。最も一般的に使用されているタイプで、透明感や白さなど元の歯に近い形と歯並びを再現できます。着色しにくい素材なので変色の原因となりやすいタバコやコーヒーを飲む方にもお勧めです。裏側に金属を使用しているため割れにくく、長年使用しても問題ありません。

デメリットは金属を使用しているため金属アレルギーがある方には不向きで、歯を削る量もオールセラミックに比べると多くなることです。年齢とともに歯肉がやせてきてしまうと根元部分の金属が見えてしまいます。金属フレームは金の含有量が多いほど異物反応は少なくなりますが、金が少ない合金の場合は歯肉が黒ずんでくる可能性もあります。

メリット 美しい上に丈夫、美しさが持続する
デメリット 金の含有量が少ないと歯肉が黒ずむ、金属アレルギーの心配がある

ハイブリッドセラミック

ガソリンと電気の両方を使用したハイブリッドカーと同じように、ハイブリッドセラミックはプラスチックのようなレジンとセラミックの成分を組み合わせて作られています。オールセラミックより適度な柔らかさになるので周囲の歯との相性も良く、金属アレルギーを持つ方も安心して使用できます。万が一歯が割れてしまった場合も修復しやすいというメリットもあります。

オールセラミックに比べると吸水性があるため唾液を吸いやすく、汚れが付着して変色する可能性があります。歯ぎしりや食いしばりが強い方の場合はすり減りが早い場合もあり、患者様の症状やご希望によって治療に最適な種類を選んでご提案いたします。

メリット 適度な柔らかさがり歯に優しい、見た目がきれい
デメリット 磨耗する、多少変色(黄ばみ)することがある

お問い合わせ・ご予約(いい歯になるさ) TEL 0120-11-8273 診療時間:平日11:00~21:00 日・祝日11:00~17:30

PAGETOP